国を選択 日本 | アメリカ | ドイツ  
 
Patients and Caregivers
ホーム   HAEに
ついて
  診断と
治療
  臨床
試験
  患者さん用
ツール
  プロフェッショナル
リソース

 
Eメールアドレス:
パスワード:
パスワードをお忘れの方




This website is accredited by Health On the Net Foundation. Click to verify. We comply with the HONcode standard for trustworthy health
information:
verify here.


 

病因と有病率

蕁麻疹および血管性浮腫はよく見られる疾患で、人口のほぼ20%に影響を及ぼしていますが、遺伝性血管性浮腫(HAE)はまれな疾患で血管性浮腫の症例のわずか2%です。世界中で、HAEの発生率は、30,000~50,000人に1人です(Frank、2006年、 Heymann、2006年)。

HAEはすべての人種にみられHAEにかかりやすい人種は報告されていません。また、常染色体優性の遺伝的な疾患として、男女間の発生率は同等です。

HAEに関するさらなる情報はこちらをご覧ください:

疾患の概要
HAEの症状
病態生理学
HAEの種類
用語集
最終更新日: 2009/11/29 20:27
CSL Behring Biotherapies for Life
All About HAE

© 2019 CSL Behring | ホーム | サイトマップ-患者さん向けページ
サイトマップ-医療関係者向けページ | プライバシーポリシー | ご利用条件
AllAboutHAE-jp.comについて | お問い合わせ