国を選択 日本 | アメリカ | ドイツ  
 
 
Healthcare Professionals
ホーム HAEについて 臨床試験 よくある質問 家系図 日記
HAEを理解する HAEと上手に付き合う HAEの治療 その他の情報 HAEコミュニティとコンタクトする

 
Eメールアドレス:
パスワード:
パスワードをお忘れの方




This website is accredited by Health On the Net Foundation. Click to verify. We comply with the HONcode standard for trustworthy health
information:
verify here.

EXPERT BIOGRAPHY

当サイトの専門家であるフアミン・ヘンリー・リー 医学博士, PhD, FAAAAIをご紹介します

  リー博士は、アレルギーと臨床免疫のアドバイザリー(理事会など)公認です。彼は、ボルチモアのホプキンス喘息・アレルギーセンターでアレルギーと臨床免疫の研修を積み医学博士となり、2001年以降は、ジョンズ・ホプキンス病院の医学教職員でしたが、2002年、ホイートンとチェヴィー・チェースで喘息・アレルギー研究所に勤務し現在に至ります。  

リー博士は、ガルベストン(地名)にあるテキサス大学医学部で医系細菌学と免疫学で博士号を授与されました。ここでの卓越した研究のためにMcLaughlin Fellowship賞を受賞しました。彼はトレーニングの間、臨床試験に参画して数多くのアレルギー学、免疫学の論文だけでなく、厳選された学術誌や本のチャプターをパブリッシュしました。彼の専門領域は、蕁麻疹と血管性浮腫、とくに遺伝性血管性浮腫やアレルギーと喘息のメカニズム、そして免疫療法についてです。

リー博士は、内科のアドバイザリー(理事会)公認でもあります。彼は、セイント・バルナバ医療センターで内科インターンおよびレジデント研修を勤めましたが、連携しているシナイ山医学部では卓越した臨床成績をおさめました。

リー博士は、中国の出身で1988年に天津医科大学から医学学位を授与されました。彼は、現在AAAI(アメリカ喘息・アレルギー学会)と、ACAAI(喘息・アレルギー・免疫アメリカ協会)に所属し、また喘息・アレルギーの最新報告の編著者でもあります。2005年より、中部大西洋総会の中国アメリカ医学協会理事長という称号を持っています。


最終更新日: 2009/12/06 23:11

CSL Behring Biotherapies for Life
All About HAE

© 2018 CSL Behring | ホーム | サイトマップ-患者さん向けページ
サイトマップ-医療関係者向けページ | プライバシーポリシー | ご利用条件
AllAboutHAE-jp.comについて | お問い合わせ